スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント【国際協力連続セミナー「お酒から学ぶ世界」第4回パレスチナ】

20歳以上限定!国際協力連続セミナー「お酒から学ぶ世界」
第4回 「実はビールもワインも作ってます。パレスチナのたくましい人たち」

パレスチナの人々の大半はお酒を飲んではいけないイスラム教徒ですが、お酒をたしなむ「ちょい悪ムスリム」も珍しくありません。

キリスト教の聖地を擁するパレスチナにはキリスト教徒も暮らしており、そもそもお酒を作る文化があるのです。丁寧にワインを作り続けている修道院は海外にも知られ、中東一の美味と豪語するビール工場は毎年村人総出でオクトーバーフェスト(ビール祭り)を開催しています。

占領下のパレスチナで力強く生きる人たちの姿、そしてこの地の現状とJVCが取り組んでいる支援活動をお伝えします。
---------------------------------------------------------------------------
日時:2012年9月21日(金)19:30~21:00
会場:日本国際ボランティアセンター(JVC)東京事務所
   住所:110-8605 東京都台東区上野5-3-4クリエイティブOne秋葉原ビル6F 
   会場への地図
アクセス:JR秋葉原駅・御徒町駅より徒歩7分 銀座末広町より徒歩3分

講師:
宮澤由彦さん(食と関係価値研究所代表)
パレスチナ人の生活の糧・精神の拠り所であるオリーブの木を守ることを目的に、2003年10月にセーブ・ザ・オリーブプロジェクトを始動。西岸地域の農村のオリーブオイルなど農産物を中心にパレスチナ産のワインやビールなども販売。専門は、農産物流通の新領域創造。

藤屋リカ(JVC海外事業担当)
山口県出身。保健師。1990年から広島で保健師として勤務、 1995年から7年間、NGOの駐在員としてパレスチナの母子保健プロジェクトに参加。2004年4月~2006年8月、JVCエルサレム事務所に駐在し、子どもの栄養改善、保健、女性の収入創出などの活動に携わる。2006年9月より東京でパレスチナ事業担当、2011年4月から現職。

司会:
津高政志(JVCパレスチナ事業担当)
1983年生まれ、横浜出身。2009年7月から2011年3月まで、日本国際ボランティアセンター(JVC)のパレスチナ現地調整員としてエルサレム事務所に駐在。現地で健康教育や栄養改善のプロジェクトに取り組んだ。現在はJVC東京事務所にてパレスチナ事業を担当。

参加費:会員・マンスリー募金者 800円
    一般 1000円
定員:20名
申し込み/問い合わせ先:
【参加条件】
ご参加は20歳以上の方に限らせていただきます。
当日は生年月日の分かる身分証明証をご持参ください。
【お申込み】
日本国際ボランティアセンター(JVC) 
110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 
E-Mail: info@ngo-jvc.net/ URL:http://www.ngo-jvc.net/

8月2日*木曜mtg

みなさま

暑い日が続きますね。
今日は8月最初のボラチームでした。

今日は前回の予告通りバサアサを刷る!ということで協力しあって無事にバサアサ16号を擦り終えることができました。
お手元に届くのを楽しみにしていてください。


そして、今日はガザからアメリカ人のNGO職員さんがボラチームに来てくださいました。
ガザの写真を何枚か見せてもらい、話を聞いたり質問をしたりしました。
タンク(戦車)や、ガザ市民が通る道とイスラエル兵が通る道の違い、ラクダにまたがりゆっくりとビーチまで散歩に行くおじさんたちの様子、ドンキー(ロバ)、ガザ市のメインロードに掲げられたたくさんのハマースの旗。ハマースの旗を振る子どもたち。
そしてガザの海岸から見える綺麗なサンセット。
まだ見ぬガザの様子がよく伝わって来ました。

そのあとは、ボラチームの活動紹介の一つとしてパレスチナの歩き方を渡しました。
「自分たちで作ったの?美しいし、すばらしいね。ガザの情報は載ってないの?いつかぜひガザの情報も載せて!」とおっしゃっていました。
(キリストっぷ(※バサアサ16号参照)で購入した”ア〜メン”も手渡しての説明しましたが、ジョークはあまりわかってもらえませんでした。。。やはり言語の違うお笑いの壁は厚い)
そして、日本とパレスチナの国旗がはためくバッジをおみやげにいただきました。
最後にみんなで記念写真を撮りお別れしましたが、ガザで待ってるよとおっしゃっていました。



さて、次回のパレボラチームは、予告の通り六本木で開催されている”アラブ・エクスプレス”をみんなで観に行きましょう!

『アラブ・エクスプレス』
http://www.mori.art.museum/contents/arab_express/

集合時間:8月9日(木)19:00
集合場所:六本木ヒルズ森タワー前 ローズガーデンの蜘蛛のあたり(雨天は水景前)
     http://www.roppongihills.com/spacemedia/media/suikei.html
     http://www.joho.st/tokyo/roppongi/roppongihills.php

入場料金が当日購入で1,500円/人ですが、割引チケットが10人分あり1,300円/人で入ることができます。
また、前売り券が1,200円/人ですので、確実に行く!という方は事前の購入をおすすめします。
http://www.mori.art.museum/contents/arab_express/access/index.html

念のため人数を把握したいので、参加ご希望の方はJVCパレスチナ事業担当の津高さん宛に参加の旨をメールしてください。
もちろん、当日参加も大歓迎です!

そしてせっかくなのでお時間の許す方は鑑賞後にごはんでも。
六本木ヒルズにビビンバ屋さん(アジア料理屋さん)があるので、そこに行きませんか?
http://r.gnavi.co.jp/g568003/

鑑賞に2時間くらいはかかりそうな気がするので、みなさま気合を入れて行きましょう!
ちなみに写真撮影は一部を除きOKだそうです。



では、来週!

6/17 Earthday Market@代々木公園

 6月17日日曜日、代々木公園で開催されたEarthday Marketに参加してきました。
前日は朝から降り続いた雨も、朝方には上がり、(私でないどなたかの)日頃の行いに感謝しました。
 JVCからはパレスチナの他にもタイ、南アチームも参加されており、同じブース内に製品を並べると、それぞれ色で個性の違いが際立ちました。
 草木の優し~い色合いが特徴の上品な手染め・手織り製品はタイから。容赦なく照りつける太陽の光に堂々と輝くキラキラのビーズ製品は南ア。そして、バババーン!と一きわ自己主張が強いのが、我がパレスチナ人、いやパレスチナ刺繍製品。

 JVCブースの様子
 Earthday Market Booth

 Earthday Marketは、都心で有機農家の生産者さんから直接、こだわりの野菜や製品を買う事が出来るというのが人気の理由で(多分)、我々のような海外支援「手工芸品取り扱い店」は異色の存在と思われました。(Peace Windsさんも製品の委託販売されてましたが)
そのような苦境?に立たされ、パレスチナコーナーの売れ行きも寂しいものとなりましたが、出店者さんとの交流が楽しく、通りを行き交い様々なお店でのんびり会話を楽しみつつ、JVCブースでは「いらっしゃいませ~」と声を張り上げる、気持ちの良い一日を消化する事ができました。
 
 参加前は「わざわざ都心に野菜買いに行かなくても…」と余り関心のなかったイベントが、生産者さん一人ひとりの思いのこもった品々を手に取り、その思いを聞く事で、結構面白いかも!と思うようになりました。実際お客さんの中にも買い物や(犬の)散歩の途中などに寄られている方が多かったようです。
 
 結局「念の為」持参した私のエコバッグも、山形のさくらんぼ「佐藤錦」、千葉の東峰産セロリ、千倉産の生のまま食べられるとうもろこし、蜂蜜などでいっぱいになっていましたとさ。。。                                               (むんち)
 

イベント【パレスチナにビジネスの芽はあるのか?】

パレスチナにビジネスの芽はあるのか?
~起業の実際を語る~

 近年、UAEなど産油国を中心に、アラブ諸国に進出する企業や職を求める日本人が増えつつあります。しかし、「パレスチナ」にもビジネスチャンスはあるのでしょうか?

 今でこそ紛争やテロのイメージが先行するパレスチナですが、本来は、聖書の時代の遺跡、美しい街並みとおいしい料理があり、人々の陽気な笑顔が魅力的な土地です。オリーブを始めとする数々の農作物のほか、陶器、ガラス工芸、刺繍、オリーブ木工、真珠貝細工、革細工、せっけん、銀細工アクセサリーなど数々の手工芸品が存在するなど、産業も多岐にわたります。それにもかかわらず、長年にわたる占領状態によって外国人のビジネス参入は足踏み状態にあります。輸出入の手続きの煩雑さや、域内移動の難しさなどが背景としてあります。

 そんな中、「食」と「手工芸」というパレスチナらしいキーワードで起業を試みたお2人による報告会を企画しました。お2人には、起業の経緯から、パレスチナならではのビジネスのあり方や魅力などについて語っていただきます。

 報告会の後には交流会もございますので、お気軽にご参加お待ちしております。

※報告会の後に交流会を約1時間予定しております。会場にはパレスチナビールやワインと簡単なおつまみを用意しております。(お飲み物は有料、おつまみは一部有料となっております)
※当日、会場で難民キャンプの女性グループが作っている刺繍製品を販売いたします。

日時:2012年5月26日 (土) 16:00~18:00 (15:30開場)
会場:西口貴翠書道教室
住所:東京都新宿区神楽坂6-16 桑原ビル2階
アクセス:東西線神楽坂駅徒歩2分 早稲田通り100円ショップ角入り右手3軒目
報告者:
<宮澤 由彦(食と関係価値研究所代表)>
 パレスチナ人の生活の糧・精神の拠り所であるオリーブの木を守ることを目的に、2003年10月にセーブ・ザ・オリーブプロジェクトを始動。西岸地域の農村のオリーブオイルなど農産物を中心にパレスチナ産のワインやビールなども販売。専門は、農産物流通の新領域創造。
<倉元 美実(ドニヤ・ホッブ代表)>
 エジプト留学後、JVCのパレスチナボランティアチームに参加。そこで出会ったパレスチナ刺繍に魅せられ、刺繍バッグのブランドを立ち上げるべく、2011年10月に起業。ビジネスパートナーであるベツレヘムの難民キャンプの女性たちと現在、新製品製作に向けて始動中。
司会:藤屋 リカ(JVC海外事業担当、大学教員)

参加費:500円(お茶とアラブお菓子付)
定員:30名 ※事前にお申し込みください。
申し込み・問い合わせ先:
日本国際ボランティアセンター(JVC)
MAIL:tsudakaあっとngo-jvc.net(担当:津高)

5月24日、次回ボラチーム開催場所は神楽坂です!

みなさま

金環日食は観測できましたでしょうか?
東京ではあいにくの曇りでしたが、雲の隙間や薄雲の影から見ることが出来た人もいるようですね。

さて、今週24日(木)のボラチームミーティングは、
26日のイベントのリハーサルのために、
いつもと場所が異なり、神楽坂でのミーティングとなります。

時間はいつもどおり19:30より、会場場所は下記です。

新宿区神楽坂6-16 桑原ビル2F(東西線神楽坂駅下車西口徒歩2分)
マップ(Google Map)※新しいウインドウが開きます

みなさん、お間違いのなきようお集まりください。
FC2カウンター
最新記事
ブクログ
最新コメント
募金
カテゴリ
リンク
検索フォーム
プロフィール

JVC パレスチナボランティアチーム

Author:JVC パレスチナボランティアチーム

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。