FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティアによるパレスチナ訪問報告会

遅くなりましたが、

来週に迫った、ボラメンバーのパレスチナ訪問報告会の告知をします!

発表者4人、どきどきが増すこの残りの一週間を過ごすことでしょう。

是非、お越しください!☆


shio


ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ー

ー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー
(☆転送歓迎☆)

『パレスチナという鏡』
~JVCボランティアメンバーによるパレスチナ訪問報告会~



みなさん、こんにちは!

私たちは、日本国際ボランティアセンター(JVC)のパレスチナ事業を東京にてサポートしてきたボランティアです。

これまで大学の授業や会社での仕事の傍ら、JVCでのボランティアを通して

イスラエル/パレスチナ問題について学び、東京でパレスチナとの関係を持ってきました。

そんな私たちが今回3月に初めてパレスチナの地を訪れ、

自分たちの目でパレスチナを見、肌で感じてきました。

そこで、現地での経験を通じて私たちが見た「パレスチナ」は、これまで東京で知り考えてきた

「パレスチナ」のイメージをはるかに越え、私たちにたくさんの衝撃や感動を与えてくれました。

その衝撃や感動は、メンバー1人1人がパレスチナを「鏡」として、日本や自分自身を振り返る機会ともなりました。

今回の報告会では、そのようなボランティアとしてパレスチナに関わる私たちの感じてきた「パレスチナ」を紹介します。 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日時: 4月26日(月) 19:00~21:00
場所:文京シビックセンター 4階会議室

◆報告者:成田矩子(大学3年生)、オチ・ブルーノ(大学3年生)、
 塩塚祐太(大学院生)、佐藤由佳(社会人)
◆参加費:300円
◆定員:30名
◆会場アクセス:丸ノ内線・南北線「後楽園」駅 徒歩1分
三田線・大江戸線「春日」駅 徒歩8分
JR「水道橋」駅 徒歩8分
◆申し込み・問い合わせ:yu-palestine.t@live.jp (担当:塩塚)
◆主催:JVCパレスチナボランティアチーム
 協力:日本国際ボランティアセンター(JVC)

ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ー
ー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー■ーーー



10月8日木曜MTG

いよいよ来週からパレスチナのNGOスタッフを招へいして行うイベントが始まります。
下記をご参照のうえどうぞご参加ください。

17日のイベントお申し込みは早めがいいかも


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■10月14日(水)・15日(木)・17日(土)■
パレスチナ・ガザ地区からNGOスタッフ3名が来日
東京・京都でのトークイベント
------------------------------------------------------------------------
 2008年末から3週間にわたって激しい軍事攻撃を受けたパレスチナ・ガザ地区。
子どもを含む1400人以上が犠牲になりました。この地域は40年以上イスラエルの
占領下にあり、攻撃以前から水、電気、医療、栄養など生活に必要なあらゆるも
のが不足した生活を強いられています。
 この地で暮らし、医療や子どもの支援に携わる3人が来日します。攻撃の中で
彼らが感じたこと、平和への願い、そして日本に生きる私たちに伝えたいことと
は?尊厳を奪われた理不尽さの中で生きながらも、子どもたちが笑顔で過ごせる
よう前向きに行動する3人が語ります。

 10/14(水)に東京大学で(通訳なし)、10/15に京都大学で(通訳あり)、
10/17にTOKYO FM HALLで(通訳あり)トークイベントを開催します。10/17は
女優の渡辺えりさんが対談に参加します。

【来日する3人】
イテダル・ハティーブ
 栄養失調児が通う栄養センターを運営し、栄養補助食の提供を行うほか、母親
 への栄養指導を行っている。NGO「人間の大地」代表。

モナ・アブラマダン
 子どもたちの栄養失調を防ぐため、幼稚園で鉄分強化牛乳と栄養ビスケットの
 提供を行っている。NGO「アメリカ近東難民支援会(ANERA)」のミルクプロジェ
 クト責任者。

ムハンマド・スカフィ
 医師。ガザが軍事攻撃を受けた際に、医療の緊急支援の陣頭指揮を執った。
 NGO「パレスチナ医療救援協会(PMRS)」緊急対応責任者。

※ガザの情勢によっては、出演者が変更する可能性があります。

◇---------------------
セミナー「Voice from Gaza」(通訳なし)

【日時】2009年10月14日(水)19:00-21:00
【会場】東京大学 本郷キャンパス 医学部1号館 講堂
【住所】東京都文京区本郷7-3-1(本郷三丁目駅から6分)
【地図】http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
【参加費】 無料
【主催】 東京大学大学院医学系研究科 国際地域保健学教室
     日本国際ボランティアセンター(JVC)
【お申込み】
日本国際ボランティアセンター(JVC)
TEL 03-3834-2388  jvc-jer@ngo-jvc.net(藤屋)

◇---------------------
トークイベント「ガザ・人道危機を越えて」(通訳あり)

【対談】岡 真理
京都大学大学院人間・環境学研究科教員。現代アラブ文学専攻。普遍的な思想的
課題としてパレスチナ問題に取り組む。著書に、『記憶/物語』(岩波書店2000
年)。『彼女の「正しい」名前とは何か』(青土社、2000年)など。
<メッセージ映像配信中↓>
http://www.ngo-jvc.net/jp/event/2009/20091015_palestine.html

【日時】2009年10月15日(木)18:30-21:30(18:00開場)
【会場】京都大学 吉田南キャンパス 人間・環境学研究科棟 地下講義室 
【地図】http://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/
【資料代】 500円
【主催】 日本国際ボランティアセンター(JVC)
     京都大学大学院 人間・環境学研究科(岡真理研究室)
【お申込み】日本国際ボランティアセンター(JVC)藤屋
TEL 03-3834-2388  jvc-jer@ngo-jvc.net(藤屋)

◇---------------------
トークイベント「Smile for Gaza ~占領下のパレスチナ・ガザ地区からの声~」
(通訳あり)

【対談】渡辺 えり(女優・演出家・劇作家)
山形県出身。舞台芸術学院、青俳演出部を経て劇団を結成、20年間主宰し、数
々の演劇作品を世に送り出す。舞台、テレビラマ、映画等、多岐にわたり活躍す
る傍ら、若い世代の育成にも努めている。また「非戦を選ぶ演劇人の会」に参加
し、「反戦リーディング」というアプローチで反戦を訴え続けている。現在TBS
系「情報7daysニュースキャスター」にレギュラー出演している

【司会】司会:Chigusa(TOKYO FM “DIARY”パーソナリティ)

【日時】2009年10月17日(土)13:00~15:30(開場12:00)
【会場】TOKYO FM HALL
【住所】東京都千代田区麹町1-7 FMセンター2F
【地図】http://www.tfmhall.jp/access/access.html
【アクセス】 半蔵門線「半蔵門駅」下車 1,2番出口より徒歩約3分
       有楽町線「麹町駅」下車 1,2番出口より徒歩約6分
【参加費】 無料
【定員】 250名
【協力】 株式会社木下工務店
【主催・お申込み】
日本国際ボランティアセンター(JVC)
TEL 03-3834-2388/FAX 03-3835-0519 info@ngo-jvc.net(広瀬・藤屋)
※事前にメールまたは電話、FAXでお申込みください。定員になり次第、受付を
終了します。




(追記はイベントに向けたMTGの様子)

続きを読む

報告とご案内です

すっかり日が経ってしまったイベントなのですが(遅れてしまってすみません‥)、
告知をかねたご報告です。

続きを読む

9月24日木曜ミーティング&お知らせ

秋分の日を過ぎてもまだ暑さを感じる東京・・・
しかし秋は私たちにとってイベントシーズンです。

今日の木曜ミーティングは、またも新たな参加者を迎え、大人数で充実のものでした

現地から日本に帰ってきたメンバーによる現地報告が2つも!!
イラク(ヨルダン)とパレスチナのお話をありがとうございました。

ナツメヤシもおいしかったです!!実は2個も食べたわたしです。


それから秋のイベントに向けて…
あまりにたくさんイベントがあるのでみなさん!!
ちゃんと場所と時間と内容、チェックしましょうね

ボラチーム活躍のチャンス!
私は皆勤めざしてみようかな。

各イベントのチラシも完成して事務所に置いてありますから、
学校や知り合いに配れる方は事務所からもらえます。
外務省制作のチラシは美しいですよー(・∀・)



それではとりあえず今回は10月3日のお知らせを載せさせていただいて終わります。
(イギリス行ってよかったー、けどパレボラミーティングが一番楽しいかも!な)N子




第9回JVC中東フォーラム
「中東について知ろう、考えよう-日本と私たちの役割について-」
シンポジウム&パネル展
21世紀に入って、私たち日本は大きな紛争に関わりました。
2001年のアフガニスタン空爆、そして2003年のイラク戦争です。しかし、この中
東およびその近隣諸国は、私たち日本にとってどのような意味を持つのでしょう
か? 私たちは、石油以上にこの地域・国のことを知っているでしょうか? 今、
改めて私たち日本にとって「中東って何」ということを問い直してみる必要があ
るのではないでしょうか? 激動の中東、そしてアフガニスタンと私たち日本と
の関係について考えてみたいと思います。

日時:2009年10月3日(土)10:30-18:00
    パネル展:10:30-18:00
    シンポジウム:13:30-17:30
会場:世界銀行世界銀行東京事務所
   東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル
   1階PIC情報センターおよび10階国際会議場
   TEL:03-3597-6650
http://web.worldbank.org/WBSITE/EXTERNAL/COUNTRIES/EASTASIAPACIFICEXT/JAPANINJAPANESEEXT/0,,contentMDK:20773014~menuPK:1985221~pagePK:141137~piPK:141127~theSitePK:515498,00.html

■パネル展 (10:30~18:00、1階PIC情報センター、入場無料)
『見て、触れて、感じる中東』

JVCスタッフの話
10:45~11:15 アフガニスタン 谷山由子
11:30~12:00 イラク     原文次郎
12:30~13:00 パレスチナ  藤屋リカ

イラクのパネル展示、パレスチナやアフガンの衣裳展示(ご試着可能)、
東京外国語大学教授 伊勢崎賢治氏からのビデオ・メッセージ

■シンポジウム (13:30~17:30、10階国際会議室、資料代1000円)
『日本の中東政策を考える アフガニスタンにおける対話の可能性』
第一部:中東における『対話』の必要性
   【講演】大野元裕氏(中東調査会 上席研究員)
第二部:日本のアフガン政策の振り返り
   【対談者】
  田中浩一郎氏(日本エネルギー経済研究所理事兼中東研究センター長)
  谷山博史(JVC代表理事)
       
第三部:アフガンで対話を実現するために何をすべきか?
   【パネリスト】
  石原陽一郎氏(世界銀行カブール事務所)
  近藤昭一氏(民主党 衆議院議員)
  田中浩一郎氏(日本エネルギー経済研究所理事兼中東研究センター長)
  レシャード・カレッド氏(カレーズの会代表)
  長谷部貴俊(JVCアフガニスタン現地代表)

主催
日本国際ボランティアセンター(JVC)

協力 
世界銀行情報センター(PIC東京)

お申し込み・お問合せ先
日本国際ボランティアセンター(JVC)
中東フォーラム担当
E-mail:karen.mo@ngo-jvc.net
TEL:03-3834-2388
URL:http://www.ngo-jvc.net
*******************

5月14日 JVC現地コーディネーター報告会

久しぶりに
ミーティングの様子を・・

7日木曜日は、7人が参加してミーティングを行いました。

議題は、今度の報告会について!!(下記参照ください)
報告者の福田さんを中心に、様々なお話を聞きました。また、報告会の中でボラチームも10分ほど話をさせていただくことに!!
貴重な10分で何を話そう!?一週間後に報告会が迫った今考え中です…


パレスチナは今
―JVCパレスチナ事業・プログラムコーディネーターによる一時帰国報告―

依然として厳しい情勢が続くパレスチナ。
 JVCでは1992年からパレスチナでの活動を開始し、現在、
「分離壁」によって医療や教育へのアクセスが制限されている
エルサレム地区での学校保健活動、
ガザ地区での子どもの栄養支援、
難民キャンプでの女性の収入創出事業を行っています。
昨年末からガザ侵攻への被害に対しての緊急支援も実施中です。
 2007年からパレスチナで、プログラムコーディネーターとして、
人々と共に活動に携わってきた福田直美が、日本に一時帰国しました。
日々、パレスチナの人々とともに活動を続けてきた視点からの
パレスチナの現状をお伝えします。

5月14日(木)
19:00~21:00 (開場18:45)
【場 所】きゅりあん 品川区総合区民会館 
     第2講習室
【住 所】東京都品川区東大井 5-18-1.
     Tel 03-5479-4100.
      Fax 03-5479-4110.
     JR/東急線 大井町駅前.
【報告】 福田直美
      (パレスチナ事業プログラムコーディネーター)
【参加費】500円(JVC会員無料)
【定員】 69名
【お申込】日本国際ボランティアセンター(JVC)
TEL 03-3834-2388/FAX 03-3835-0519
   jvc-jer@ngo-jvc.net 担当:藤屋
       


たくさんのご参加お待ちしております。


ボラチームはいったい何を話すのか!?
木曜日通常ミーティングはお休みになります。
FC2カウンター
最新記事
ブクログ
最新コメント
募金
カテゴリ
リンク
検索フォーム
プロフィール

JVC パレスチナボランティアチーム

Author:JVC パレスチナボランティアチーム

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。