スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月17日@Tokyo FM

10月17日土曜日は、TOKYO FM HALLにて
「Smile for Gaza」と題したトークイベントが行われました。

250人分の会場内はいっぱい!
長時間にわたってご参加いただいたみなさまありがとうございました。

来日することができた2人も、「こんなに多くの日本人がパレスチナに関心を持ってくれて嬉しい」と彼らは喜んでいました。

015.jpg
写真は2部:対談ゲストの渡辺えりさんのパワーを感じるトークから始まりました。

『日本でたくさんの家族連れで出かけている人を目にした。私も日本を家族に見せてあげたいと思う。海外を旅行したい。そんな望みさえ、どうして私にはかなえられないのか?』-モナさん


FM01
同じく2部:スカフィー氏はひとりで3冊のパスポートを持っている。実物を見せながらお話くださっている様子

『パスポートにNo61というシールが貼られる。要注意人物だぞ。という目印』-スカフィーさん




この招聘企画を通じてボラチームの私は・・・
来日した二人の話を3つの会場で、3度聴きました。
何度聴いても、心に響くものでした。

何が響いていたのか・・
それはもちろん、彼らの話す内容のことが大部分だったのかもしれませんが、
なによりも今私の近くで話をしているということ。

それが大きな意味を持っていたような気がします。
ボランティア活動を継続してきて、
「現状」といわれることは、タイムリーに、そして時には詳細に知ることができていたはずです。

そしてそのたびに「いろいろ考えさせられる」とは思ってきたつもりです。

でも生の声を聞いて、もっともっと、
パレスチナに対してさらに強い思いを持ったというか・・
なにかしなければ というように感じました。

「なにができるか」ではなく
「なにをすべきか」。。。


今回の招聘企画には、ひとりのゲストが来ることができませんでした。

それこそが、今のパレスチナの現実、そして私達の現実だというように受け止められます。

来ることができなくて、
土曜日のトークイベントに電話をつないで日本に声を伝えた彼女は、
占領の中を今生きているのだ、そしてその彼女とつながってボランティアの活動もあるのだと思ったのです。



その「なにをすべきか」を、探し続けます。

うまくまとめられませんでしたけれども・・・


追記ではボラチームの活躍についてっ

刺繍販売の様子!
本とカレンダーも同時に販売しました

FM02
いいポーズ(笑
でもこの時体調が・・・・・


010.jpg
女子はパレスチナドレスを着ましたのー
写真小さい?

お話をお聞きになった直後のお客様にたくさん製品を買っていただきました!!
ありがとうございました。

また最後に募金もたくさんお預かりしました。
募金箱持ってたら筋肉痛になったのは一体どういうことなのでしょうか!


ではまたボラチーム頑張ってまいりましょう (´ω`*) N子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
最新記事
ブクログ
最新コメント
募金
カテゴリ
リンク
検索フォーム
プロフィール

JVC パレスチナボランティアチーム

Author:JVC パレスチナボランティアチーム

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。