スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーダン インターンオリエンテーション



今年度、JVCパレスチナ事業のインターンのshioです。


これからは、このブログに、インターンを通して経験したことや、
学んだこともアップして、


パレスチナってだけでなく、JVCのことやNGOについても、
情報を広げていきたいなと思います :)



さっそく、
もう一週間前のことになりますが、JVCのスーダン事業担当の佐伯さんによる、
インターンオリエンテーションの話をします♪
これは、JVCのインターンの特典の一つでもありますが、
このオリエンテーションはJVCがインターンになった人たちに、まずJVCについて知ってもらおうと
各事業担当にその事業についての説明をしてもらう
という、実は何気にとても贅沢な機会を与えてもらっているのです。


佐伯さんからまず、逆に質問をされたことが、

“難民って何?どんな人のことを言うのか?”

でした。


戦後、世界中で発生する難民に対して、UNRWAやUNHCRを中心に様々な国連機関が、
どのような方針の下に難民の人たちに対する支援を行ったのか、
また国連機関とNGOの関わりや、難民キャンプの設営の行程といったかなりテクニカルなことまで、
自身の経験と共に話をしてもらい、
一瞬の気を抜く暇もないくらい刺激をびりびりと受けるお話でした。


その後、JVCのスーダン事業について話をしてもらいました。
現在JVCが行っている支援活動は、スーダン南部の主要都市ジュバで行われており、
自動車整備工場の運営と整備工の育成を行っています。
どうしてJVCが自動車整備の支援に目をつけたのか。
それはそのアフリカという特異な土地柄と、そこで行う支援活動とのつながりにありました。


スーダンの情勢はとても複雑で、05年に和平合意が交わされ、
復興の兆しが見え始めたと言えるのかもしれませんが、
その土地に生きる人やそこで支援という形で関わる人には、
まだまだ困難が待ち受けており、遠く離れた日本においても、
その経済的つながりからも、もっと関心を持って見ていかなければいけないのだと感じました。


スーダンの歴史とイスラエルの関わりにも、気になるところです。…


そして、来週はいよいよメインイベント、パレスチナ事業のオリエンテーションが控えています!!!
パレスチナと自分たちの“関わり”、それを再認識する姿勢で受けたいと思います。


shio@パレスチナインターン


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
最新記事
ブクログ
最新コメント
募金
カテゴリ
リンク
検索フォーム
プロフィール

JVC パレスチナボランティアチーム

Author:JVC パレスチナボランティアチーム

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。