スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナレストラン “GreenGrass”


ブログに載せるには少し遅くなりましたが、先週の水曜日に
パレスチナ料理レストラン“グリーングラス”へ行ってきました。
京浜東北線のJR西川口駅から徒歩5分ほどのところにある
グリーングラスの店主マンスールさんは、日本在住の数少ないパレスチナ人。
日本人以上に礼節重んじるような、とても気さくでそして熱い人柄です。


料理は鮮やかな色をもってとても美味しく、
本場のパレスチナ料理を堪能できます☆


IMGP1154-.jpg

“フォブズにつけて食べるトルキシサラダと、なすと練りごまのサラダ”



マンスールさんは、3月21日にJVC主催の
中東パブリックフォーラム“それでも希望はある!”に出演されます。
(以下にリンクを載せます。)


このイベントにも、マンスールさんのお店にもぜひ足をお運びください♪


レストラン“GreenGrass”
>>http://www.green-grass.info/frame.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3月21日(土)■ 
イラク開戦から6年 トークセッション
「それでも希望はある!」
~イラク人、アフガニスタン人、パレスチナ人が語る希望と日本への期待~
------------------------------------------------------------------------

3月20日でイラク開戦から6年。
イラクからの米軍撤収、アフガニスタンへの米軍増派、イスラエルのガザ侵攻
など、今も「対テロ戦争」による混乱した動きや市民の被害が続いています。そ
れでも人々は明日に向かって生きています。この時代に日本の私たちはどう向き
合うべきなのでしょうか。
日本に暮らすイラク、アフガニスタン、パレスチナの人たちの声を、JVCの
活動現場の報告とともにお届けします。

~プログラム~
1、イラク現状報告、イラク出身者の声
2、アフガニスタン現状報告、アフガニスタン出身者の声
3、パレスチナ現状報告、パレスチナ出身者の声
4、パネルディスカッション

~出演者~
<イラク>
■モハメッド・シャキル氏(医師・留学生・NGO運営委員)
1976年バグダッド生まれ。現在、大阪大学大学院医学系研究科博士課程在籍。N
GO「フレンズ オブ マーシー・ハンズ」運営委員も務める。著書に『イラクの
現実を見て!』。

■原 文次郎(JVCイラク事業ヨルダン駐在員)

<アフガニスタン>
■アミン・レシャード氏(介護老人施設アポロン副施設長)
1966年カブール生まれ。カブール国立小児病院、パキスタン難民キャンプにて医
師として活動。2003年日本国際結核研究所研修生として来日、その後現職に就く。

■長谷部 貴俊(JVCアフガニスタン事業担当)

<パレスチナ>
■イヤッド・マンスール氏(パレスチナ料理店店主)
1974年パレスチナ生まれ。11人兄弟の長男。1997年に来日し、2001年に埼玉県川
口市にパレスチナ料理店「Green Grass」を開店、オーナーシェフを務める。

■藤屋 リカ(JVCパレスチナ事業担当)

<パネルディスカッション進行>
■谷山 博史(JVC代表理事)

【日時】3月21日(土)13:30~16:30
【会場】明治大学 リバティタワー 12F・1123教室
【地図】http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
【住所】千代田区神田駿河台1-1 (御茶ノ水駅から徒歩3分)
【主催】日本国際ボランティアセンター(JVC)、現代史研究会
【参加費】500円
(JVC会員、JVCマンスリー募金者、明治大学学生・教職員は無料)

【主催・お申し込み】
日本国際ボランティアセンター(JVC)
メール: info@ngo-jvc.net (担当:長谷部、広瀬)
TEL 03-3834-2388/FAX 03-3835-0519
★事前にお申し込みください★



ボランティアチーム塩塚

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
最新記事
ブクログ
最新コメント
募金
カテゴリ
リンク
検索フォーム
プロフィール

JVC パレスチナボランティアチーム

Author:JVC パレスチナボランティアチーム

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。