スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ガザに光を!」

今日、ガザでの停戦を求める緊急行動
「ガザに光を!」
ピースパレードとシンポジウムが行われました。

今日には新聞やTVでもニュースとして取り上げられていることでしょうが、
パレボラブログでも、
このイベントに参加したメンバーからこのときの様子や感想をアップしてもらおうと思います。

IMGP0825.jpg


発表によると、1500人ととても大勢の人たちが参加していました。
自分は、力足らずにも関わらずビデオカメラの撮影を任せていただいたため、走り回って、
先頭からJVCのメンバーのいる中盤までの行列を見ることができました。
とても冷える寒空の下、
見てみると若者からお年寄りまで、仏教者やイスラム教の人たち、キリスト教徒、
本当に様々な人たちが同じ一つの意志の下、集まっていることを感じました。


IMGP0811.jpg
出発前の小林さんのお話、ガザの人たちの声を届けていただきました。


IMGP0849.jpg


IMGP0850.jpg


今回、海外のメディアもいくつか取材されてたようです。
確実に日本の意識を世界に示すことができたと思います。
この意識がより多くの人たちに波及し、より大きな波の一部を担い、
パレスチナの人たちの、また世界の現状を改善する力になることを信じて、
問題を見つめ、行動をとっていきたいと思いました。

塩塚


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメントするのが遅くなってすみません。
パレードに参加しましたN子です。私がこのイベントに参加し、その後のシンポジウムで感じたことは世論は大国の決断をも変える力を確実に持つのだということです。
イスラエルを支持してきたアメリカが世論を意識して国連決議を棄権したということは大きいですよね。今後も行動することを忘れずに、私にもできることを探していきたいと思います。

何を書こうかなあ。。。と思っているうちに、気がついたら当日になってしまいました。
S君、大変申し訳ありません。。。

私もパレードに参加したのですが、道路から見る町並みや歩行路は、なんだかいつもと違った雰囲気で、不思議な感じがしました。横の歩道を歩いている人には、どういう風に映ったんだろう・・・。

とにかく、多くの人々が集まってここまで行動できるというのは、すごいことだよな、と思いました。
これで何かが変わるのだろうか、というのは、今の私にはよくわかりません。ただ、自分の認識は大きく変わったように思います。
とりあえず行動してみる、よくわからないけど。
という感覚が、いかに大切かがわかりました。

私も同様、このパレードの次の日に行われた集会やシンポジウムに行ったのですが、イスラエル/パレスチナ問題は、本当に遠い国の出来事なのだろうか、日本には関係ないことだろうか。
と、いろいろ考えてしまいました。

世界は全てつながっているんじゃないかと考えている、今日この頃です。

私はシンポジウムからの参加だったのですが。。。
寒空のなか、
たくさんのひとが今回のパレードに参加して声をあげ行動したこと。
それぞれの思いの共有、思いはつながっているんだという意識というか、それがまた気持ちとしても現実としても希望となり変化を作り上げる力になるんじゃないか、なんて思います。

あと、蛇足なんですが、ビジュアルに某チェーン店さんがどんと構えていたので最近見かけたサイトのURLを載せておきます。既にご存知の方もいるかもですが。。。
どう見るかはご自由です。そしてご参考までに。
http://palestine-heiwa.org/choice/list.html








FC2カウンター
最新記事
ブクログ
最新コメント
募金
カテゴリ
リンク
検索フォーム
プロフィール

JVC パレスチナボランティアチーム

Author:JVC パレスチナボランティアチーム

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。