スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月29日 続くガザへの攻撃

今日もイスラエルの攻撃は続いており、ガザの人々は眠れない日々を送っています。
多くの民間人が犠牲になっています。
JVCが栄養失調児の支援を行うAEI(=Ard El Insan)のスタッフの今朝の声をお伝えします。


イテダル(ガザ) 29日9:00頃 自宅のランドラインで
昨日も眠れない夜だった。空爆は続き、イスラミック大学、ガザ中部が攻撃された。
海上からも攻撃があり、全ての漁師のボートが破壊された。
漁師のボートを破壊しても何の意味があるのだろうか。
海岸沿いは危ない。誰も歩くことができない。

昨日ジャバリア地区でモスクが攻撃され破壊された時に、近くの家が被害を受けた。
5人の娘と母親が亡くなり、皆近所の人たちが自分たちの危険も省みずもう1人の
娘を懸命に救出した。このニュースは私たちを更なる悲しみに突き落とした。

皆が家でじっと座っている。
攻撃の音を聞いたら、電池を使うラジオをつけてニュースを確認している。
電気はここ4日間ほとんど来ておらず、昨日は2時間だけ来たがとても弱い電力で、充電などはできなかった。
水も電力を使うので使うことができず、タンクにためている水を少しずつ使っている。
できるだけ水も電気も使わないように、お皿を洗うのも、シャワーも、
食事を作るのも全て水を節約して、また家族皆で一度にするようにしている。
昨日はゼイトゥーン地区(ガザ市)のガスステーションで、
ジェネレーター用のガソリンを買うことができて一安心した。
ガスステーションには、攻撃が続く中も人が溢れている。

AEIのセンターは相変わらず閉まっている。
オフィスにコンピューターなどの機器を取りに行くこともできない。
早く栄養センターを再開したい。もっと多くの子どもたちが訪れるだろう。
食べるものが全くない状態で、怯えている子どもたちがたくさんいる。

UNOCHAのガザの状況に関する最新レポート

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
最新記事
ブクログ
最新コメント
募金
カテゴリ
リンク
検索フォーム
プロフィール

JVC パレスチナボランティアチーム

Author:JVC パレスチナボランティアチーム

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。