スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報シェア*「国境なき朗読者たち」が贈るガザ朗読劇

12月に入りました。
ボラチームは、最近ミーティング中によくお菓子を食べています。
活動は活発ですよ!

次記事にてその詳細をお知らせしたいと思います。

きょうは朗読劇のご紹介をシェアします。
--------------------------------------------------------

完全封鎖されたガザが22日間にわたりイスラエルによる
一方的攻撃にさらされたのは今から5年前、2008年
12月末のことでした。
この事態を受けて、朗読劇「The Message from Gaza ガザ 
希望のメッセージ」は生まれました。出来事から5年目の
この12月、平和をめざす朗読集団「国境なき朗読者たち」
が、この朗読劇を東京で上演いたします。想像力によって、
ガザと私たちを架橋するために。
ガザでは今なお封鎖が続いています。ぜひ、この機会に
ガザを想起し、ガザの声に耳を傾けてください。
(文責:岡 真理)

■■=================================================
 朗読集団「国境なき朗読者たち」が贈るガザ朗読劇

「The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ」(90分)     
   公演1 12月13(金)19:00~
   公演2 12月14 (土)14:00~
   公演3 12月14(土)19:00~
==================================================■■
会 場:東中野 Cafe & Space ポレポレ坐
    http://za.polepoletimes.jp/

入場料:事前予約 1000円(高校生以下800円)当日 1500円

予約・お問合せ 080-5314-1539(つくい)
gaza2013tokyo@gmail.com

   ----------------------------------------

2008年12月27日から翌2009年1月17日
まで22日間にわたり、イスラエル占領下のガザ地区は、
イスラエルによる一方的な破壊と殺戮に見舞われ、
1400以上の命が奪われました。世界がクリスマスの
余韻に浸り、新年を祝っていたそのとき、ガザは血に
まみれ、死と悲しみに覆われていたのです。

完全封鎖されたガザに150万もの人間を閉じ込めて、
袋の鼠状態にしてミサイルの雨を降らせる……。この
人間の想像を超えた出来事を受け、朗読劇「The Message
from Gaza ガザ 希望のメッセージ」は書かれました。
そして、この朗読劇を上演するために、京都・滋賀の
学生・市民有志により、平和をめざす朗読集団「国境
なき朗読者たち」が結成され、2009年の初演以来、
京都や広島で上演を重ねてまいりました。

 「この朗読劇の圧倒的な凄み。本来「劇」とは激しい
  ものだ。言語としての記憶は「絶望」だったのに、
  再演を願うのは「感動」を得たからだ。もしかしたら
  この感動こそ「希望」なのかもしれない」
            ―――井上由理子(文筆家)

 「約半世紀の時間を経て、一つのテクストの中で構成
  されることによってガザという一つの地域、ローカル
  な地域が発し続けている問題性が、時間を越えて訴え
  かけられている」
        ―――太田昌国(編集者・民族問題)

 「本当の意味で「わかる」とか「理解する」ということ
  はだいぶ違う、それを体の中で声にして震わせる、
  あるいはそういうことをしている人のところに居合わ
  せるという、そういうことが「わかる」ということに
  違う次元をつけ加える」
         ―――細見和之(詩人・ドイツ思想)

 「イスラエルは、「我々はこの隣人と暮らしたくないんだ」
  ということを、隠すこともなく宣言している。この挑戦
  を受けているのは人類全体である、私たちもそのメッセ
  ージが向けられているし、このことをどう跳ね返すかと
  いうことには思想的、そして集団的なパワーが要る」
             ―――鵜飼哲(フランス文学)

いちどきに人間が大量に殺されるということがなければ、
ガザは忘却の淵に沈んだままです。「忘却が次の虐殺を
準備する」(韓国の詩人の言葉)。だとすれば、ガザを
忘却することで、私たちは次の虐殺を準備しているのかも
しれません。事実、昨年11月にも短期間ですが、ガザは
同様の攻撃に見舞われました。

忘却に抗するために、出来事から5年目のこの12月、
私たちはこの朗読劇を東京で再演することに決めました。
私たち人間に与えられた「想像力」という力によって、
ガザと私たちを架橋するために。

どうかこの機会に、ガザの思い、ガザへの思いに触れて
ください。

※朗読劇の内容詳細についてはHPをご覧ください。
http://readers-without-borders.org/

※開場はいずれも開演の30分前です。
※受け付け開始は開場の20分前です。
※開演の15分前までに、受け付けをお済ませください。
開演前15分を過ぎても受け付をされない場合は、キャンセル
扱いになりますのでご注意ください。

※上記HPでチラシをダウンロードできます。
 また、配布にご協力いただける方は、必要枚数お送りいたしますので、
 以下までご連絡ください。
 gaza2013tokyo@gmail.com

=================================================================

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
最新記事
ブクログ
最新コメント
募金
カテゴリ
リンク
検索フォーム
プロフィール

JVC パレスチナボランティアチーム

Author:JVC パレスチナボランティアチーム

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。