スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告会のお知らせ&ミーティング

来月初め、ボラチームのイベントが行われます!
是非足をお運びください

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
12月6日(土)

私たちが行った、見た、感じた。
~中東から考える人間の安全保障~
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

冷戦後グローバル化が進む90年代に出てきた
「人間の安全保障」という考え方は、それまで安全保障
における議論で支配的だった国家中心の枠組みに対して、
個人を単位とした安全保障という概念を取り入れ、
教育、保健、地域社会の問題等にも光を当てました。

NGOは個人の価値を活動の中心においており、
個人の尊厳の重視など「人間の安全保障」と共通する点も
少なくありません。従ってNGOの視点から
「人間の安全保障」を考察することは大切なことと思われます。

そこで今回、日本国際ボランティアセンター(JVC)で
パレスチナに関わるボランティアの中東での体験を通して
「人間の安全保障」について考えていきます。
国家と個人の関係が特に問われている地域に
関わったメンバーが、それぞれ現場に行き、
どのようなことを見、感じたのか。そしてそれが
「人間の安全保障」とどのようにつながるのか。
これらについて議論を深めていきたいと思います。

【発表】
■パレスチナ難民キャンプの人々との交流
橘由美子 (保育士)
■イスラエル国籍のパレスチナ人
臼杵悠 (津田塾大学3年)
■シリアで出会ったクルド人を通して感じたパレスチナ
高橋純 (外資系化粧品メーカー勤務)
■戦禍から逃げてきたシリア、ヨルダンのイラク人
森若奈 (一橋大学4年)

■司会進行
林博貴
(東京大学大学院博士課程)
■コメント
山本哲史
(東京大学「人間の安全保障プログラム」研究員)
■導入、解説
藤屋リカ(JVCパレスチナ事業担当)

──────────────────────────
【日時】12月6日(土)13:00~15:30 (開場12:45)
【場 所】東大駒場Ⅰキャンパス18号館 1階
井の頭線「駒場東大前駅」下車
【地図】http://www.c.u-tokyo.ac.jp/access/index.html
【参加費】無料
【定員】 40名 ※事前にお申し込みください
【お申し込み】日本国際ボランティアセンター(JVC)
TEL 03-3834-2388 FAX 03-3835-0519
jvc-jer@ngo-jvc.net 担当:藤屋
【主催】 東京大学「人間の安全保障」プログラム
JVCパレスチナ事業
※東京大学「人間の安全保障プログラム」連続セミナー
「難民を保護するのは誰か」(全6回)の第2回になります。
──────────────────────────


現在報告会の準備に力を注いでいるところです。
追記はそれについて('∀'●)
毎週木曜日のボラチーム。

20日は7名の参加でした。珍しく(?)男性のほうが多かったです。

発表者の2人が発表内容のプレゼンを行い、メンバーが気になることをどんどん質問していく形式で進みました。


熱い議論があったと思います。
私もいろいろなことを考えさせられました…

「難民」とはいったい何のことをいうんだろう?
「差別」ってどういうことを、どこからのことをいうんだろう?

準備期間は限られていますが、発表者の気持ちがきちんと伝わる報告会となりますように…


N子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
最新記事
ブクログ
最新コメント
募金
カテゴリ
リンク
検索フォーム
プロフィール

JVC パレスチナボランティアチーム

Author:JVC パレスチナボランティアチーム

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。