スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月18日*MTG、勉強会

2月18日の木曜ミーティングでは、
事業担当の藤屋さんにガザ紛争をめぐる国連決議とゴールドストーンレポートついての勉強会をしていただきました。

ゴールドストーンレポートとは2008年12月27日から2009年1月18日にガザで行われた軍事攻撃の最中およびその
前後において行われた国際人権法・国際人道法の侵害全てを調査することを目的に、国連人権理事会がゴールドストーン判事を核として組織した事実調査団によって調査、まとめられたレポートです。

このレポートではガザ紛争では国際人権法違反と国際人道法違反があったこと…特にジュネーブ条約第4条(民間人の保護)で言及される「人道に対する罪」…が述べられており、さらに国内でその違反に対処する能力は双方にないことを判断し、責任追及は国連安全保障理事会の付託によるICC(国際刑事裁判所)への訴追によってされるべきと判断されています。
(イスラエルはICCの条約に加盟していないため、訴えるためには国連安全保障理事会の付託が必要になります)
ICCへの付託は正義の実現を可能にする方法だと考えられていますが、その実行の可能性はわかりません。安全保障理事会の5大国の持つ拒否権のためです。

昨年11月、国連総会はガザ紛争に対するゴールドストーンレポートに関する決議を採択しました。
114カ国が賛成、18カ国が反対、44カ国が棄権しました(日本は棄権)。
日本の棄権の理由は、初めからレポートがイスラエルを責める姿勢のレポートであり、本当に中立であるとは言えないからだとしています。

採択されたこの決議はイスラエルとパレスチナ側の両当事者に、報告書で指摘された国際人道法違反や戦争犯罪について独立した信憑性の高い調査を3カ月以内に実施することを求めていました。

しかしその調査は現段階では進んでおらず2月26日、国連総会は再び調査を求める決議を採択しました。
この採択では5か月以内の調査を求めています。



今回の勉強会ではこの方法のほかに、「普遍的管轄権」についての話もしていただきました。
こちらは犯罪の重大性に対し、司法及び執行管轄権を普遍的に行使できるという権利です。
もともと領域主権の及ばない公海上で行われる海賊行為に対処するため、海賊行為を人類共通の敵として、すべての国家が司法及び執行管轄権を有するものとして扱われるようになったことから始まったものだそうです。
この普遍的管轄権についてレポートの中でRecommendationがあるそうです。
ICCに付託する方法が無理ならば法律的考え方としてこのような考え方もすることができます。




私は条約や国際法についてわかりませんし、
ニュースについて行くことも難しくて逃げそうになりますが…

私たちには私たちの人権や尊厳を守るための規則を持っていて、
それは長い時間をかけてよく考えられて作られたくさんの人が望むことがかなえられるはずのものであるはずの、私たちのものです。

それなのにどこかで障害が生まれて、
規則が機能しなくなるというのは不思議だと思わなければならないなと思います。
決まりがあっても実際に守られなくては、せっかくあるのに何になるのかと思ってしまいます。

難しいから逃げるということをしないで行きたいです。

勉強会をしてくださりありがとうございました。
N子
スポンサーサイト

『パレスチナの民族衣装』展

雪の降る中、行ってまいりました!

新宿にある文化学園服飾博物館にて開催中の
『パレスチナの民族衣装』展。

パレスチナの民族衣装

20世紀前半のパレスチナの民族衣装を中心に、
ヨルダンやシリア、イランなどの
パレスチナ周辺地域の衣装も展示してあります。



パレスチナの女性用民族衣装の特徴の一つとして
胸や袖、裾の部分に施された刺繍が挙げられます。

衣装の形や刺繍の模様は地域や年代によって違い、
時代背景や文化の移り変わりによっても変化していました。


衣装に使用されている布(下地)は、
平織りで刺繍が施し易い亜麻や
光沢が有り生地自体の彩りも多彩なシリアの絹、
マジュダルの布などがありました。


刺繍方法としては、
”クロス・ステッチ”という
X状の刺繍を細か~くいくつもいくつも並べて
幾何学模様を編んでいく手法と、
”コーチング・ステッチ”という
金糸や太めの糸を細めの糸で留めながら曲線を描き
鳥や草花、模様等を見事に作り上げる手法がありました。

衣装のスカート後ろ裾の部分に施された刺繍には
魔除けの意味があり、また、その模様の違いで
地域やどこの家の人なのかが解るようにもなっていたそうです。

その他にも魔除け(邪視よけ)の役割を持つものは、
櫛の模様や硬貨などの光りモノ、尖った三角の形、
音の鳴るものなどがあるそうです。

地域毎の大まかな特徴としては、
頭をコートで覆うナーブルス地方。
スカート前部の左右にライン状の刺繍を重ねるヤッフォ地方。
胸部にV字状の刺繍を施したラーマッラー地方。
胸部に5つの円の模様を描き、袖、裾などに
”サーア”と呼ばれる魔除けの役割を持つ時計のような模様が多い
エルサレム、ベツレヘム地方。
帯がなく、天国(鶯色(緑色?))と地獄(ピンク)の縞が両端に入った
メジュデル産の織物を生地にしているガザ地方。
アップリケを縫い付け、
裾部分に赤い刺繍をふんだんに施したヘブロン地方。
三角の袖が特徴的なベエルシェバ地方。
などなど、パレスチナの中だけでもこんなに違いがありました。
出身地毎のアイデンティティが刺繍を通して
あざやかに表現されていました。


また、裾に多く施されている刺繍の色にも面白い違いがあり、
赤い刺繍は既婚を表し
青い刺繍は未婚、または未亡人を表すそうです。
赤と青の組み合わせでは再婚しているの意、
そして前が青、後ろが赤であれば結婚願望有り!
を表しているのだとか・・・。

女性のみなさん!
パレスチナで民族衣装や刺繍製品をまとう際には
”色の違い”でアピールしてみては!?


展示してある衣装はどれも
”年代物”とは思えない程に保存状態がよく、
衣装や装飾具の色があざやかでした。

なかなかこうして一同に介した
パレスチナの民族衣装を見れる機会はないと思います。

この催し、3月14日まで開催されていますので
みなさまぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

続きを読む

2月12日*バサルのちアサル

木曜が祝日で通常ミーティングがお休みだった分、
12日金曜日、ミーティングが行われました。

JVCインターン説明会に参加された後、
パレスチナに関心のあるという3名の方も参加していただき、
全部で12人の、大人数ミーティングでした。

そんな中決定したこと!

次回のJVC会報誌、「T&E」と同時に発送するボランティアチームの会報「もうひとつのT&E」のパレボラ版、タイトルが決まりました

候補多数の中から目隠しした状態の多数決(笑)で、1度絞り、最後の決戦投票で選ばれたのは!

「バサルのちアサル」

Aさんの提案のこの名前、
意味、由来や名前に込めた私たちの想いについては是非、
本誌を読んでくださいね


さらにもう一つ!

私たちパレスチナボランティアチームのブログのタイトルが変わります!
今日から「パレボラアンテナ」です。

パラボラアンテナ、ではありませんよ?
私たちパレボラチームは、受信するだけでなく、発信するチームとして活動していきたいという考えを表しています

今回のT&Eの最終決戦まで残った候補で、
とても面白く、また意味も込められるタイトルだったため
会報誌にはなりませんでしたがブログで採用することにしました

いつも読んでくださっているみなさん、
ボラチームのみなさん、
そしてお気に入り登録してくださっている方々、
名前は変わりますが今後もよろしくお願いいたします!!

充実した内容としていけるよう、メンバー一同で頑張りましょうね

続きを読む

2月4日*木曜MTG

2月4日のミーティング、参加者は9人?10人?でした。

*「エルサレム事務所からの報告書」を120部印刷し、製本しました。
報告書はJVCのHPから見ることができます。
http://www.ngo-jvc.net/jp/notice/2010/notice20100125_palestine.html

この資料は、
2月9日衆議院議員会館での院内集会を始め様々なところで活用されます。


*もうひとつの「T&E」の話が前進しました。
JVCの会報誌、「T&E」には、各ボラチームの制作する「もうひとつのT&E」という冊子が挟み込まれています。
私たちパレスチナボランティアチームでも冊子作りを始めよう!
ということで今回のMTGで編集長や、記事を書く分担を決めました。

なんと次回の発行に間に合わせるにはもう二週間もありません!!!!!!!!
これからみんなで記事を書き、題名を決め、レイアウトをして印刷・・・
みなさんのお手元に届くようがんばりましょう。

*来週は祝日で、事務所がお休みのために通常MTGはお休みです。
金曜日に「もうひとつのT&E」のMTGがあります。


N子

続きを読む

FC2カウンター
最新記事
ブクログ
最新コメント
募金
カテゴリ
リンク
検索フォーム
プロフィール

JVC パレスチナボランティアチーム

Author:JVC パレスチナボランティアチーム

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。