スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Youth Unity for Palestine 2nd ~気付き、築き、パレスチナ~

報告が遅れてしまいましたが、11月14日、先週の土曜日に青少年オリンピックセンターにて
パレスチナに関心を持つ若い世代が集い、意識を共有させることを目的とした
“Youth Unity for Palestine”の第二回企画「気付き、築き、パレスチナ」を開催しました。
20数名の参加者を迎え、無事成功の下に終了させることができました。

今回のイベントのコンセプトは、
“参加者主体、専門家からの一方通行の情報提供の場ではなく、双方から意見を交える場とすること”
講演会などでいつも聞く側となる自分たち若い世代が、
知識の有無に関わらず、自由に意見を投げることのできる
会議室というより、カフェのような場です。

当日は自分ら運営も含め30人となり
3グループに分かれ、1グループ10人でディスカッション、
議論の場としてはちょうどよかったと思います。

運営側からのパレスチナ基礎情報のプレゼンテーションから始まり、ディスカッション、
休憩を挟んで、グループ発表、最後にゲスト専門家のコメントと会は進みました。
当日直前までの運営メンバーの不安をよそに、
会はさまざまな意見の飛び交う場となりました。

グループ毎に「日本のパレスチナとの関係」、「パレスチナを取り巻く国際社会の動向」、「パレスチナの現状」をトークし、参加者の関心に任せた議論が盛り上がりを見せました。

IMGP3432.jpg
<ディスカッションの模様>

ディスカッションの時間として見積もっていた50分間もあっという間に過ぎ、
グループ発表の質疑応答の時間にも、いくつかの指摘、質問に内容が深まりました。

IMGP3438.jpg
<参加者によるグループ発表>

最後のゲスト御三方から、意欲的に取り組む学生たちには、協力を惜しまないと言った、
若者の意識を駆り立てるお言葉をいただき、
議論の熱も冷めるどころか、さらに気持ちを熱くさせてもらい、
会は終了しました。

IMGP3468.jpg
<参加者に問いかける土井さん>

その後の懇親会にも参加者のほとんどが残り、
会全体を通して広く開いた交流の場となったのではないでしょうか。

アンケートで寄せられた声には、
「知識だけでなく、自分の意見を持つことが必要だと感じた。」
「大学・所属の枠を超えて話をできたことがよかった。」
「このような勉強会にもっと参加していきたい。」
など、参加したみなさんの意識の変化が覗えます。


この企画は、私たち運営メンバーだけの力ではなく、
何より、臼杵陽先生、土井敏邦さん、藤屋リカさんの御三方の多大なるご協力がなければ、開催することも成功裏に終わることもかないませんでした。
ここに深く感謝を表します。
そして参加者の方々一人ひとりの意識と行動が
今回の会を作っていったと思います。

私たちもこの会で多くを学びました。
そしてこれをまた次へつなげ、
この輪を大きく広げていきたいと思います。
次回は・・・、2月?
乞う、ご期待ください!

shio@YUP

IMGP3470.jpg
<オリセンから望む夕日>

スポンサーサイト

11月19日*木曜MTG

YUP企画、無事終了いたしました。
終了報告はこのブログでも致しますし、報告書を作成することも進めてまいります。
ブログ更新はこの記事のあと!



ボラチーム通常ミーティング

18日木曜日は刺繍製品に関する作業を行いました

JVCは、株式会社リコーさんのCSR活動の一環として刺繍製品に関するご協力をいただいております。
12月の贈り物として刺繍製品を多くの方に届けていただく予定です。

この日たくさん届いていたパレスチナからの刺繍製品の状態をチェックしたり・・
リコーさんのとは別にこれから販売するための値札をつけたり・・

なんだかこの写真、工場のようです
023.jpg

この日のボラチーム参加者は10人で、新しく参加してくださった方もおひとり。
みんな手際よく、たのしく作業をしていました!


これから販売する機会は、
私が把握している分ですが・・「JVCクリスマスコンサート」での販売が予定されています!
コンサートを聞いて、刺繍製品もご覧になってくださいね~



N子<蔓ばらのポーチを手に入れた!

続きを読む

YUP vol.2

JVCパレスチナボランティアチームから派生した学生のproject、YUPよりお知らせです。
まだまだご参加をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

Youth Unity for Palestine第2回企画

気づき、築き、パレスチナ

――出席者全員参加の初めての語り場――



▼日時:2009年11月14日(土)、13:30~17:00(開場:13:15)

▼場所:オリンピックセンター、センター棟514号室〈http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html〉

  小田急線:参宮橋駅下車・徒歩7分、地下鉄千代田線:代々木公園駅下車・徒歩10分



▼参加費:300円(会場費・資料費として/参加申し込みについては末尾に記載)



▼ゲスト:臼杵陽(日本女子大教授、パレスチナ/イスラエル紛争専門、『イスラエル』など著作多数)、土井敏邦(ジャーナリスト、『沈黙を破る』など著作多数)、藤屋リカ(JVCパレスチナ事業部代表)〔敬称略、名前降順、予告なく変更の可能性あり〕



▼趣旨:

 パレスチナ/イスラエルの問題を聞く講演会ではなく、自らも発信し参加者全員で意見を共有していく場として、Youth Unity for Palestine(YUP)は、7月末にパレスチナの伝統料理マクルーベを作り、料理を囲みながら話し合う機会を設けました。今回の企画第2弾では、パレスチナ/イスラエル問題に日本の第一線で活躍する専門家の方々をお招きして、勉強会を行います。いつもは受け取る側だけの私たちが発信し、専門家の方々も参加して討論を行っていくと言う新しい試みです。ぜひ、ご参加ください【要予約】。



 基調報告として運営スタッフ3名から、それぞれ「パレスチナの現状」、「国際社会の動向」、「パレスチナに対する日本の姿勢」について発表がなされて会は始まります。

参加者のみなさんは、それぞれテーマごとに分かれた3グループの中で、自由に意見を述べたり提議を行ったりし、その内容を全体で手短に発表・共有していきます。

情報の共有が行われた後に、各グループから話し合いの中で出てきた疑問や不明点を専門家の方々に質問する時間を設け、グループごとの質問が終わったところで自由質問の時間を設けます。いつもは講演会などで場の雰囲気に押されてなかなか質問できなかった方はぜひこの時間を利用してください。

最後に、専門家の方々からそれぞれコメントを頂いて会は終了します。その後にも時間のある方は、料理を一緒に囲んで話をさらに深めていけたら嬉しいです。





▼募集人数30名

 参加をご検討の方は、会場の使用人数の都合上、メールにてご予約をお願いします。もちろん興味のある人なら誰でも参加歓迎です。30名を越えて参加希望がありました場合は、申し訳ありませんが先着順とさせていただきます。



▼参考書籍

以下のようなパレスチナ問題の基礎を扱った書籍を事前に参照いただけますと、話し合いが円滑に進むかと思います。ご協力をお願いします。

・臼杵陽著『中東和平への道』世界史リブレット52、山川出版社(765円)

・土井敏邦著『パレスチナはどうなるのか』岩波ブックレット713、岩波書店(504円)





▼参加申し込み・お問い合わせ

Youth Unity for Palestine運営

メール:yu-palestine.t@live.jp

氏名、所属、連絡先を明記ください。



11月5日*Thursday MTG

MTG
参加人数13人と大人数。
お休みしていたパレスチナ事業インターンのSさんも戻り、活気がありました!
新しく参加してくださった方もおひとり。


内容は、
「DDR勉強会」

内容についてはコメント欄などで発表者に補足いただきましょう…ね?
代表理事の谷山さん、スーダン担当のさえきさんも加わっていただき、とても充実した時間でした。


八丈島のお土産のパウンドケーキもいただきましたよー!
あとひとつあるよー!
でも来週行けない……



話題ふたつめ

ブログでの告知をすることができなかったのですが・・
10月9日(金)~11月2日(月)、有楽町マルイの1階 「カレンダリウム」Ethical StoreにてJVCの扱うパレスチナ刺繍製品が販売されていました!

行ってきましたおしゃれデパートに行くとかすごく女子大生ぽい♪笑
きれいなデパートーーー!!
そんな中に置かれている刺繍製品。
かわいい(/▽\#)

なんか通帳ケースっていつも言ってるはずがタグに化粧ポーチって書いてる!?

やっぱり刺繍製品はかわいいですね
もっといろんな方に手に取っていただきたい!とも思い、でもそればっかりがいいのじゃない・・と思い。


N子*気になるスーダン・・勉強しないと。

10月17日@Tokyo FM

10月17日土曜日は、TOKYO FM HALLにて
「Smile for Gaza」と題したトークイベントが行われました。

250人分の会場内はいっぱい!
長時間にわたってご参加いただいたみなさまありがとうございました。

来日することができた2人も、「こんなに多くの日本人がパレスチナに関心を持ってくれて嬉しい」と彼らは喜んでいました。

015.jpg
写真は2部:対談ゲストの渡辺えりさんのパワーを感じるトークから始まりました。

『日本でたくさんの家族連れで出かけている人を目にした。私も日本を家族に見せてあげたいと思う。海外を旅行したい。そんな望みさえ、どうして私にはかなえられないのか?』-モナさん


FM01
同じく2部:スカフィー氏はひとりで3冊のパスポートを持っている。実物を見せながらお話くださっている様子

『パスポートにNo61というシールが貼られる。要注意人物だぞ。という目印』-スカフィーさん




この招聘企画を通じてボラチームの私は・・・
来日した二人の話を3つの会場で、3度聴きました。
何度聴いても、心に響くものでした。

何が響いていたのか・・
それはもちろん、彼らの話す内容のことが大部分だったのかもしれませんが、
なによりも今私の近くで話をしているということ。

それが大きな意味を持っていたような気がします。
ボランティア活動を継続してきて、
「現状」といわれることは、タイムリーに、そして時には詳細に知ることができていたはずです。

そしてそのたびに「いろいろ考えさせられる」とは思ってきたつもりです。

でも生の声を聞いて、もっともっと、
パレスチナに対してさらに強い思いを持ったというか・・
なにかしなければ というように感じました。

「なにができるか」ではなく
「なにをすべきか」。。。


今回の招聘企画には、ひとりのゲストが来ることができませんでした。

それこそが、今のパレスチナの現実、そして私達の現実だというように受け止められます。

来ることができなくて、
土曜日のトークイベントに電話をつないで日本に声を伝えた彼女は、
占領の中を今生きているのだ、そしてその彼女とつながってボランティアの活動もあるのだと思ったのです。



その「なにをすべきか」を、探し続けます。

うまくまとめられませんでしたけれども・・・


続きを読む

10月14日@東大

Voice from Gaza
Seminar at The univercity of Tokyo

10-14.jpg



003.jpg

10月12日@文京シビックセンター

検問を越え大陸を越え海を越えー

ガザから到着したのは
ANERAからモナ・アブラマダン さん
PMRSからムハンマド・スカフィさんのお二人。

10月12日は文京シビックセンターのスカイホールにて、
JVCパレスチナ事業に関連して関わってくださった団体、個人の皆様への感謝の集いが持たれました。

モナさん、スカフィさんからの活動の報告
そして協力を下さっていたドナーのみなさまとの交流がありました。


TVニュースの取材もあり、翌日放送がありました
008.jpg



006.jpg

さて、こちら
今回の招聘企画をきっかけに作成したパンフレット

内容は今回の企画に限ったものではなく
パレスチナでは何が起こっているのか?
JVCではどんな支援活動をしているか?
といった紹介が載せられています。


地図や年表も載っていて、
きっと今後の報告会などでも使えるねー

と、ボラチームメンバーは感動しましたが、

やっぱり・・・

ずっと使うなんてことはしたくないですよね。。


N子

FC2カウンター
最新記事
ブクログ
最新コメント
募金
カテゴリ
リンク
検索フォーム
プロフィール

JVC パレスチナボランティアチーム

Author:JVC パレスチナボランティアチーム

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。