スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NAKBAセミナー

ミーダーン主催の連続セミナー・≪NAKBA60年を問う≫に参加してきました。
NAKBAからの60年を、区切りや回顧というのではなくこれから細くでも長く議論していこうというミーダーンのセミナーの第2回です。
(第1回は臼杵陽先生・阿倍浩巳先生によるもの)
今回は「占領のノーマライゼーションと中東の分断」というテーマで早尾貴紀先生、酒井啓子先生がお話しされました。


シオニスト、イスラエルによる占領、またイラクにおける戦争・占領について語られ、とても勉強になりました。
セミナーの流れは、早尾先生が「占領」の歴史について、シオニストと呼ばれる人々の思想を紹介しながら説明され、その後酒井先生がイラクでの、そしてパレスチナでの「戦争と占領」について、両者に共通の議論は成り立たないとしながら、国民国家を作るに際しての「排除」のあり方をお話しされました。その後補足説明があり、受講者からの質疑応答の時間が持たれました。参加者は60名近くいたようで質疑応答も活発に行われ、用意された時間だけでは足りないようでした。


私にとっては新しいことを知るだけでなく自分が間違って思い込んでいたことに気づかされたりする貴重な時間となりました。
今日聞いてきたばかりでまだ自分自身の考えというのはまとまっていない状況ですが…心に残ったのは、自分の現在の立場が思い描くものと異なる状況にいる、複雑なアイデンティティーを持つ人たちの存在です。イスラエル国家に住むアラブ系ユダヤ人であったり、クルド人のイラク政治家であったり・・・中東にかぎらず世界中のどこにもこういった人々の発生する要因はあると思います。この問題の障壁となっているものは何なのでしょうか、そしてどうすればそれを乗り越えることができるのでしょう。異なる者同士が集まってできただけの共存というかたちと、それらがすみ分けされず共生するというかたちの違いについて、これから私は考えてみたい。セミナーを終えて私はそう思いました。


今日ボランティアチームからは私以外にも参加者がいました!
どうか補足説明、また間違いなどコメントのほうにお願いいたします!!
スポンサーサイト

ハイファより

こんにちは。現在イスラエル・ハイファにいるボランティアです。
皆さま、コメントをどうもありがとうございました!
にもかかわらず、遅くなってすみません。
ホームページ更新もお疲れ様でした!

ハイファ大学ではヘブライ語とアラビア語のコースが同時平行で行なわれています。
8月の1ヶ月間、語学研修ということでアラビア語コースに
いるのですが、受講者は全部で18人。
さらに2クラスに分かれて10人程度の少人数で授業を受けることができました。
ただ、何故か、クラスのほとんどがヘブライ語をしゃべることができる
アメリカ人で(ユダヤ人だろうか?)
けっこうなんとなく受けてみた、という学生が多いです。
しかも、fall semesterを受ける6ヶ月コースの人ばかり。
以前から大学にいた人も多く、既に、思い切りアウェイな感じを受けています。
授業は当然英語、さらに時々ヘブライ語も飛び交い、
復習で1日がつぶれるというかなりいろいろ間違った生活を送らされています。
ちなみに、ULPAN(ヘブライ語コース)は200人以上の受講者がいました。

ハイファ大学自体は大変広く、きれいなところです。
ただ、看板や標識はヘブライ語のみ。
基本的な会話も最初はヘブライ語でなされ、さらにアウェイな感じ。
大学構内を歩いていると、けっこうヒジャーブを被った女性を見かけますが、
彼女らがアラビア語を話していて、やっとアラビア語が聞けたという状態です。
Summer Courseに来ているのはほとんど欧米から(特にドイツ、アメリカ)でした。

ハイファという町自体は、エルサレムに比べ、大変穏やかな感じがします。
海に行くと、どこも泳ぎに来ている人でいっぱいでした。
また、ロシア系移民が大変多いです。
町で買い物をしたヘブライ語を習いに来たロシア人の女の子が、
ロシア語で買い物をして、割引してもらったわ、と言っていました。
さらに、バスに乗っていると、アジア系(東南アジア、東アジアもふくめ)の人々を
多く見かけました。学校内は欧米の人ばかりな印象を受けるのですが、
町に出てみると、予想以上に様々な人がいることに気づかされます。

ホームページに留学日記?をup、というありがたい話も出ていましたが、
可能だとしても、帰ってからになるかもしれません。
書くことはたくさんありそうですが・・・。その時はよろしくお願いします。
(現地時間8月7日17時30分ごろ更新)

HP講習会

昨日は、HP作成のための臨時講習会。
JVC事務所に作成に関わっているメンバー5人が集まりました。
写真を入れたり、リンクを張ったりと、いくつもの技を習得しました。

エドワード・サイードが、
インタビュー集「文化と抵抗」(ちくま学芸文庫)のなかで、
「抵抗運動において文化がはたせる役割とは?」
という問いに答えていたことばが印象的でした。
パレスチナ映画、詩、文学一般のことを述べた上で、
「政治的アイデンティティが絶えず脅かされている場合には、
文化は消滅と忘却に抵抗して戦う手段となります。
文化は抹消削除に抵抗する記憶の形式です。」とのこと。

現代の文化ツールともいえるHPを、
サイードが語っているような視点で生かせたら良いのかな、
などと思っています。


FC2カウンター
最新記事
ブクログ
最新コメント
募金
カテゴリ
リンク
検索フォーム
プロフィール

JVC パレスチナボランティアチーム

Author:JVC パレスチナボランティアチーム

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。